つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 魚市場

「魚の値段を読め!」度胸の良さで魚市場を仕切る鮮魚競り人!

セリはモノ凄い!

セリ人にとっては、競り(せり)値を釣り上げることは、もちろん大事だが、ちょっとしたつまづきで、
セリ全体の流れが狂ったり、ヘゲモニーが奪われたりするのは、もっと困る。そうならないように、
時にはリズムやセリ場のムードといった情緒的なものを優先させたりする。
「築地のしきたり」小林充著より

昔は、発声の仕方うんぬんでセリ人の格が上がった時代だった。

カップル

「いつだって博多の恋はせからしか」♪
(博多川柳)

バタンコ

市場バナー

↑詳細はこちら