赤ちゃんの最初の誕生日。

博多では、里親を招いて祝います。

赤ちゃんを抱きかかえて、トントン

トンと餅踏みをさせます。

餅には、稲霊(いなだま)が宿り、

子どもの生命力を高め、

一人歩きをする力を与えると

信じられていました。